スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





魔法少女まどか☆マギカのレビューを翻訳してみた 3


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

↑断っておきますが、これは日本語版なのでアメリカより高いです。気をつけて下さい。


一番くじプレミアム 魔法少女まどか☆マギカ G賞 きゅんキャラ 巴 マミ 単品一番くじプレミアム 魔法少女まどか☆マギカ G賞 きゅんキャラ 巴 マミ 単品
()
不明

商品詳細を見る


魔法少女まどか☆マギカのレビューを翻訳してみた 1
魔法少女まどか☆マギカのレビューを翻訳してみた 2 の続きです。

なんかアニプレックスの販売手法が批判されていますね。
訳しながら、笑ってしまいました。

しかし、そんなふうに批判されていても、買ってしまうオタクの心理。
やはりオタク文化に国境はないんですね。
(´;ω;`)ブワッ



では、どうぞ
翻訳URL:http://www.animenewsnetwork.com/review/puella-magi-madoka-magica


↓↓↓↓↓↓

このリリースにはひとつの巨大な欠点がある。それはもちろん、エピソードの数だ。
それはいつもアニプレックスがやっていることであり、すなわち日本語版のリリースに極めて近しいもの(あるいはただ単にラベルを貼り直された輸入品)を極端に素晴らしいパッケージデザインにし、コンテンツの量を制限することによって熱心なファンから金をむしり取り、私達が4つのエピソードしか得られないことを意味することである。

この最初の4エピソードが入ったblu-rayとDVD第一巻は、
リバーシブルカバー付きクリアケース、
大量の限定ポストカード、
平静を失わせる二種類のキュウベェステッカー、
折りたたまれたミニポスターやサントラCD
これらは金で浮き彫りにされたレタリングを備えた頑丈でスエード仕上げの箱の中にすべて入っている。

これらは獣のように95ドルを要求し、ファンが支払うことは疑いがない。
しかし、シリーズに慣れていない(特に4話の最後に、この作品の書かれ方と最後まで結果のわからないドラマを与えられた人)は、このシリーズが購入する価値があるかどうかわかるまで長い間、フラストレーションを感じなければならない。
もし装飾がなく、1箱の中に完全な一連の話が入っており、100ドルであったならば、素晴らしかったでしょうが、これらの特別なビジネスモデルがどのように作用するかはわかりません。そのため、私たち皆、待つようになるでしょう。


このボックスには英語の吹き替えも含まれており、それはアニプレックスの通常の吹き替えと反対で良い変更だった。英語でキャラクターに生命を吹きこむ才能ある女優陣は最善を尽くし、素晴らしく実用的な吹き替えとなっている。
それらは演技過剰になることもなく、画面上の哀愁と一致しており、「一般的なアニメ声の吹き替え」をどうにか回避している。過剰な演技であったならば作品が提示しなければならないあらゆる厳粛さを容易に殺していたでしょう。
キュウベェの声は大変合っており、オリジナルの日本人のトーンや抑揚、表現から遠くにそれなかった。
吹き替え台本には少数の不必要な飾り
例えば、
「アタシはアイツをやめさせなきゃならない」を
「アタシはあのクソったれの新人をやめさせなきゃならない」と変更したり、
「イライラさせてやろう」といった類のもので、そこにある必要があったようには、まったく感じないふざけた行為である。
ありがたいことにこのような場面は制限され、英語吹き替えに切り替えることで何かを損なうということはない。


100分見続けるだけで、なぜこの作品がファンの中でヒットし、ヒットし続けているのか、かなり明らかになる。
それは純粋に別の何かをしようとしており、クリエイティブチームがこのプロジェクトのため持っている明白な熱意は、すべてのフレームから噴出されています。
この作品が実際、見る価値があるかどうかを保証することはできない。そのため、4あるいは5ヶ月後に第三巻が出るまで悪しき古い時代ように退屈しのぎをしながら待つ必要がある。
しかし、この作品の三分の一は、待つには十分な価値を持っている兆候はある。
(かなりの費用を伴うが)




↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまで


計算しやすいように、1ドル80円と考えると、blu-ray1巻の限定版は7600円なんですね。
日本とあまり大差がないかなぁと思いますが、グッズが付いていることと、4話が入っていることから、日本の半分の安さとも言えます。
(日本は長いシリーズ物でなければ通常2話しか入ってないし、日本版のまどマギも2話しか入っていないからね)

けど、アメリカのDVDは通常、もっと安いために、高いと文句を言っているようです。
それにしても、日本のオタクは搾取されているなぁ。
(´;ω;`)ブワッ

関連記事





コメントの投稿

非公開コメント

No title

挙句の果てにアフィブログ使って
「まぎか最高!!マギカ売れ売れ!!」
「ピングドラム最低!!ピングドラム爆死!!」
をやってる事がばれた作品だけに
イタリア人?の評判も正直個人ブログでもない限り信じないほうがよさげ

amazonなんていくらでもステマできるし
管理人もあまり搾取されるなよ…

Re: No title

> 「まぎか最高!!マギカ売れ売れ!!」
> 「ピングドラム最低!!ピングドラム爆死!!」
> をやってる事がばれた作品だけに
> イタリア人?の評判も正直個人ブログでもない限り信じないほうがよさげ

人それぞれ考え方はありますからね。
でも、「まどか☆マギカ」は面白かったですし、
シナリオおよびキャラデザ、映像の実験性は評価されるべきだと
私は思います。
少なくとも「やわらか戦車」なんかよりは比べようもなく、
はるかに評価に値する作品だと思っております。


それとネット上で「廻るピングドラム」が貶されている印象を
私は持っていません。あのような抽象的な表現で30分の
アニメシリーズを作ったことは賞賛されるべきものだと思います。

余談ですが、まどマギを訳してみた1 にも書いてあるんですが、
訳した批評で面白かったのは音楽や芸術性はA評価なのに、
アニメーションとしてはB評価だったんですよね。
本質の一端をついてると思いませんか?

No title

ステマ批判する俺カッケー厨はホントどこにでも涌くね

No title

ふーん。ステルスマーケティングをからめて叩いんだ。底辺はいろんなネタ持ちだすなぁ。あれは口コミ誘導を大量にやらないし広告効果無いぞ?
2chコピペブログ一つでなにができんのかね。
プロフィール

まとほん

Author:まとほん
文章がおかしいこともありますが、許してください。

相互リンク&相互RSS募集中です。
連絡は左下、メールフォームよりお願いします。

FC2ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コミックレンタル

オススメ商品


スポンサードリンク
海外激安Blu-ray
他サイト更新情報
QRコード
QR
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。