スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





北米版「魔法少女まどか☆マギカ」のレビューを翻訳してみた 2


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

魔法少女まどか☆マギカ DXフィギュア vol.1&2 全4種 鹿目まどか 暁美ほむら 美樹さやか 巴マミ魔法少女まどか☆マギカ DXフィギュア vol.1&2 全4種 鹿目まどか 暁美ほむら 美樹さやか 巴マミ
()
不明

商品詳細を見る


魔法少女まどか☆マギカのレビューを翻訳してみた 1の続きです。

それにしても、パンを加えながら走るという点に言及しているのは面白いですね。
アニメ制作における文脈を読み取ろうとしていたり、さすがオタクども、侮れないぜ
(`・ω・´)
まぁ、放送時のまどか☆マギカの考察は日本よりも気合が入っていたものが多かったから、当然と言えば当然なのかもしれないですね。



では、どうぞ
翻訳URL:http://www.animenewsnetwork.com/review/puella-magi-madoka-magica


↓↓↓↓↓↓

 この作品が優れた職人芸を全般にわたって持っている証であり、これらの4つのエピソードは大変満足いくものだ。
 私たちはこの作品が持つ中心的な着想に関して真正面から紹介する。


 勇気のある若いまどかの頭の中(夢の中)では、キュウベェと呼ばれる不思議で曖昧な小さな猫耳マスコットによって導かれた絶望的な戦いが行われている。その戦いの敗者側で勇敢な魔法少女の特徴を持つ女の子がおり、彼女は今後の終末論的なビジョンを持っている。
 キュウベェはまどかが目を覚ます直前に、魔法少女になるための契約を交わすことにより、この酷い未来を改変することができると彼女と約束する。


 彼女は口にトーストを咥えて牧歌的な学校へ走ったり、彼女の親友と親友と会ったり、魔法少女モノの最初のエピソードで期待されるすべてのものを含み、私達に見慣れた光景を見せてくれる。
 しかしながら、まどか☆マギカはまるであなたがこの番組を見るために存在するかのように興奮させ、単に待つことなどできなくなり、その手の内をできるだけ速く見せ始める。

 すぐに状況は暗くなり始める。まどかの夢に登場した少女(暁美ほむら)は
「戯言に耳を貸してはダメ。今とは違う自分になろうだなんてわないことね」
という恐ろしい警告を持った転校生として現れる。
 しかし、それは当然、心には突き刺ささらず、まどかと青い髪の友達、さやかはキュウベェを亡き者にしようとするほむらの試みを妨害する。
ちょうどその時、人々を殺人や自殺へと駆り立てる見えない強力な力を持つ「魔女」からの攻撃があった。
そこを彼女らは金髪の魔法少女マミによって救われる。マミは冷淡なほむらと衝突し、彼女の魔女退治の義務を買ってでた。
そして、キュウベェとの契約の危険および報酬に関して、まどかとさやかにすべてを教え始めた。
彼が画面に出るたびに、以前は可愛かった変わらない微笑みやビーズのようにわずかなピンク色の目はゆっくりと、だんだん不吉になっていく。
最初のエピソードでさえ、この話はすべてが深く悪いものになり、良い結末にならないだろうという基礎を築くうえで非常に効果的である。
4番目のエピソードの終了までに、いくつかの実際に気がかりな出来事や意外な新事実が生じます。
その後、このウサギの巣穴がどれくらい深く続いているのか、またどれほど悪いことが起きるのかと思い、畏縮してしまう。


また、実際、どこで破局が訪れるのかというこのトーンは、滅多に見られないバランスの上で行われます。
純粋な不安に負けるのではなく見続けることをあなたに強いる明白な恐怖感があり、それは最初のエピソードの中間点を過ぎて起こるすべてに垂れ下がっている。
不器用な説明を節約し、正しい時に必要なことを共有し、プロットを展開する方法の専門知識があり、知識に溺れることなく視聴者が起こっていることの結果を知っていることを確かめながら説明していくことができる。
すべての中心にはキュウベェのキャラクターがある。彼はクリエイティブ・チームがこの作品で行おうとしているように見えるものの象徴として役だっている。
外見が可愛くかつ市場性がある。しかし、隠された冗長な説明は埋められ、取り残された深く暗い秘密の代わりに姿を見せつことはまったくない。
まどかが巻き込まれた世界は無能な悪漢から純粋な心を救出し、彼女の友達とケーキを食べるようなヒロインのアルバイトができる魔法と空想の世界ではなく、超現実主義者悪夢です。
彼女を愛しているすべての人によって忘れられる死という終わりである。。
手心を加えずに、この作品は特別なものであると断定できる。少なくとも、あなたはこれらの最初の4つのエピソードの中でわかる。

その品質はストーリーを語ることで止まりません。つまり、画面上での芸術性は非常に空想的で、最高であり、リスクを取っています。
確かにキャラクターデザインは一般的で機械的に作られたぶりっ子であり、女性的で宝石の杖や何やかやの魔法少女として単純化した特徴を持っている。しかし、一旦「魔女」が現れ始めれば、サイケデリックな狂気、蝶々の切り絵の混成画および口髭のあるダストボウルなどが画面を満たす。
それはどんなものとも視覚的に異なり、エピソードからエピソードまで発展していく。すなわち、魔女との遭遇はデザインのルールから異なるように設定され、グロテスクで美しい結果となっている。
これらはほとんど実験であり、歪んだ魔女と並列に置かれた環境、次いでキャストの声の綺麗さが、ステレオタイプのアニメとこの作品を美学的に非常に異なるものにし、大胆にさせ、その素晴らしい短い要約となっている。

このアニメーションはそれ自体、特別に壮大であるわけではない。結局のところ、テレビの予算で作られたアニメーションだからだ。しかし、この芸術性は非常に魅惑的で多くの制限された動きに気がつくのは難しい。それらすべてはblu-ray場では信じられないほど鋭く、ハンサムに見えます。

↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまで

最後まで訳そうとも思ったけど、力尽きてしまったので、
(TS録画していた男子高校生の日常と、テレビ録画していたギルティクラウンを見たいので)
今回はここまで。

あとは次回。
んじゃね ノシ
(そういえば、録画しっぱなしのラストエグザイルもまだ見てなかったなぁ)


関連記事





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まとほん

Author:まとほん
文章がおかしいこともありますが、許してください。

相互リンク&相互RSS募集中です。
連絡は左下、メールフォームよりお願いします。

FC2ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コミックレンタル

オススメ商品


スポンサードリンク
海外激安Blu-ray
他サイト更新情報
QRコード
QR
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。