スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





海外の反応 「アニメ しろくまカフェ 第10話」

2012060815.jpg


「しろくまカフェ」第10話の海外の反応です。
 コメントはcrunchyrollからです。画像は拾い物です。
 いつもの通りのいい加減な訳ですが、
 読みたい方はどうぞ





続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : しろくまカフェ
ジャンル : アニメ・コミック

制作費1億5000万円の国産アニメ映画、あまりの出来の悪さに非難殺到―中国

FinalFinanceφ ★[sage] 2012/06/07(木) 21:41:21.99 0
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=qijiguang01.jpg&s=332040&u=
http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=qijiguang02.jpg&s=332041&u=


2012年6月7日、中国で1200万元(約1億5000万円)もの巨費を投じて制作されたアニメ映画のあまりの出来の悪さに、ネットユーザーや業界関係者から非難が殺到している。
人民日報が伝えた。

酷評されているのは6月1日の「児童節(こどもの日)」に合わせて公開されたアニメ映画「戚継光英雄伝」。
中国・明代(1368~1644年)の武将、戚継光(せき・けいこう)の偉業を描いた歴史超大作なのだが、予告編が公開された時点であまりの出来の悪さにネットユーザーや業界関係者から怒りと疑問の声が噴出した。

とにかく、驚きなのがそのクオリティーの低さ。
全体的に絵が雑で、登場人物の動きもぎこちない。
ネット上では
「フラッシュ並み」
「このレベルで劇場公開とは」
「どうすればこんな大金がかかるのか?」
など非難が殺到。

中国アニメの尊厳を傷つけられたとして、関係者13人が連名で抗議文を公開する騒ぎに発展している。

抗議文によると、中国のアニメ映画の制作費は通常、90分のもので約18万元(約225万円)、どんなにかかっても200万元(約2500万円)が限度。
そう考えると、本作の制作費1200万元のうち、1000万元は使途不明金と言われても仕方がない。

これに対し、本作を制作した浙江省余姚市の「浙江河姆渡動漫文化発展有限公司」は公式ミニブログで「1200万元は脚本、制作、宣伝、公開、そして関連本やグッズなどの開発費用」
とその正当性を主張している。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=61914













続きを読む

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

海外の反応 「アニメ これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド  第10話」

2012060812.jpg


「これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド 」第10話の海外の反応です。
 コメントはMyAnimeListから拾いました。
 いつも通りいい加減な訳ですが、読みたい方は、どうぞ





続きを読む

テーマ : これはゾンビですか?
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

まとほん

Author:まとほん
文章がおかしいこともありますが、許してください。

相互リンク&相互RSS募集中です。
連絡は左下、メールフォームよりお願いします。

FC2ブログランキング
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コミックレンタル

オススメ商品


スポンサードリンク
海外激安Blu-ray
他サイト更新情報
QRコード
QR
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。