スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





MAGネットで紹介されていた実写版ベルセルクの海外の反応

BERSERK - The Black Swordsman (ENG Subtitles) from Led Production on Vimeo.






MAGネットといえば、漫画、アニメ、ゲーム、ネットなどのサブカルチャーに焦点を当てた番組です。
BSでやっていたときは、アイマス、初音ミク、水樹奈々、料理漫画などの特集をやっていました。
元ガイナックス社長の岡田斗司夫さんによると、NHK上層部はサブカル番組を嫌っているらしい(笑)ので、
この番組もいつまで続くかわかりません。、

先日、放送されたMAGネットの特集はアニメ映画が公開される「ベルセルク」でした。


ベルセルク 36 (ジェッツコミックス)ベルセルク 36 (ジェッツコミックス)
(2011/09/23)
三浦 建太郎

商品詳細を見る



ベルセルクは現在、ヤングアニマル誌上で連載されている中世ヨーロッパを舞台にしたような
ダークファンタジーです。
ダークソウルやスカイリムに似た世界観を持った漫画といえば、ゲーム好きの方には、イメージがし易いかもしれません。


DARK SOULS (ダークソウル)(特典なし)DARK SOULS (ダークソウル)(特典なし)
(2011/09/22)
PlayStation 3

商品詳細を見る




The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】
(2011/12/08)
PlayStation 3

商品詳細を見る


私がこの「ベルセルク」を読み始めたのは、高校生の頃なので、もう15年くらい前ですね。
(´・ω・`)年取るわけだ。

きっかけは当時、聞いていたラジオ「浅川悠とオフサイド大西のディーパーストリート木曜日」で、
大西さんが面白いと薦めていたからです。
(´・ω・`)月日を感じるなぁ。

そんなMAGネットの「ベルセルク特集」中でイタリアのファンが実写化した動画を数秒紹介していましたが、その動画を見つけたので、
その動画に対する反応を訳したいと思います。
カッコ内は私の勝手な感想。

↓↓↓↓↓↓
海外の反応 URL:http://vimeo.com/2740962

Marco Bardus
wow! いいできだね!

Stefano Gargano
素晴らしい! 彼には言葉もないね。彼らは完全に漫画の魂を捉えていて、技術的に素晴らしいショートフィルムを現実したね。
もし彼らがベルセルクの完全な長さのフィルムを作らないならば、彼らはクレイジーだ。
最後に良い特殊効果と精神障害者の逸品に賛辞を。
(褒め過ぎじゃないですかね?)

Daniele Manga-Man Lucinato
賛辞を! あぁ、美しい作品だ

Daniele Manga-Man Lucinato
賛辞を! あぁ、素晴らしい仕事だ
いいね!


Brandon Shepard
聖なる煙をもっと! もっと! もっと!!!


Martin E. Bergwall
BGMは Fableなの? :O

Kayla Ingersoll
これは……ホントに凄い。私もベルセルクを元にしたビデオをやってみたい。
でも、畏敬の念すら感じてしまうので、到底やることができない。
これからも良い仕事をし続けてください  :)

Led Production
現在、私たちはFaceBookにグループを持っています。
facebook.com/group.php?gid=59123791517
参加してください!
(宣伝乙!)

Manuel Drexl
美しいショートフィルムに賛辞を!! 素晴らしい映像ね

Lee Driscoll
この音楽は World of Warcaftからだね :D
(私はネトゲ廃人ではないからWorld of Warcaftなど知らん!!!)

Ciaccona
もうちょっと筋肉付いてたらなと思ったけどいい感じ
(こんなところに日本語のコメントが)

Abdelaziz Ahmed
熱狂的なベルセルクファンとしてはこのビデオを絶対的に愛しています。もっと作って!

Harry Abreu
お祝いを。とてもいいね。
















スポンサーサイト

ドルトムントの公式サイトで、伝説のソーセージのホームタウンって……

KloppBarriosT_1328109061.jpg


2-0でニュルンベルクにドルトムントが勝った試合。
その試合のドルトムント公式サイトの試合のレポートです。

今回のドルトムントの公式サイトのトップ写真は2点目、バリオスが得点した直後、チームメイトから祝福されている写真でした。
前回更新のドルトムント戦の動画の反応から考えましても、バリオスが決めたことはクラブにとってもファンにとっても嬉しいことだったのでしょう。
(ちなみに、この前の試合は香川がガッツポーズしている写真でした)

それにしても、伝説のソーセージのホームタウンって聞いてドイツの地名が分かる人はどれくらいいるのだろう。
もちろん、私はわかりませんでした。
(´・ω・`)


ということで、和訳をどうぞ
翻訳URL:http://www.bvb.de/?k%E5%85%ECY%1B%E7%F4%9C%5Ej%E5%81%99
↓↓↓↓↓↓

FCニュルンベルク - ボルシア·ドルトムント0時02(0:0)

シーズン2011/2012、2012年3月2日20時30分

[3.02] 3試合で3勝:2012年ボルシア·ドルトムントにとって完全な年であり続けている。
氷点下でのドイツチャンピオンはニュルンベルクに2-0の勝利するために、彼らは冷静さを保った。
その結果、少なくとも土曜日のバイエルンの試合まで、ブンデスリーガの首位を譲ることはない。


ニュルンベルクからのレポートは、ボリス·ルパートです。

easyCreditスタジアムは満席にはならなかったので、45572人は多くのゴール前での攻防(前半の9分を含む!)を目撃しました。
ゲームはホーム側(ニュルンベルク)が前がかりになってスタートしたが、
ドルトムントはこれまでよりも強くなっており、互角のままハーフタイムに突入した。
後半開始からちょうど3分のケールのシュートで先制しました。
試合終了まで8分を残して、ベンチから離れたバリオスは勝ち点3の確保した。


シナリオ

13位対2位
ゲームに臨むBVBは、3勝3敗3引き分けであるホーム(ニュルンベルク)のおよそ2倍の勝ち点を
持っていた(40対21)。
ニュルンベルクの3勝はブンデスリーグの下位からのものだったが、
一方、BVBはアウェイゲームで21点中17点をとっていた。
さらに、伝説的なソーセージのホームタウンに到着した彼らはクラブ間の最後の15試合のひとつを落としていた。
(伝説的なソーセージって何かって思ったら、ハノーファーの吸血鬼のことですね。
1920年代初頭、ハノーファー駅周辺で少年が行方不明になる事件が相次いだ。容疑者として逮捕されたのはフリッツ・ハールマン。彼は街で見かけた美少年を殺害し、その肉を牛の肉と称して売りさばいていた。被害者の肉の一部は、ソーセージにも加工されたという逸話だと思われます。その前にハノーファーにニュルンベルクが負けたことを指していると思います。しかし、選評で伝説的なソーセージって何だよ!!!)


人事:
ユルゲン·クロップは今シーズンで同じチームに三回連続で任命されている。ゲッツェとコッホはまだ選抜メンバーに選ばれていない。
一方、ディーター・ハッキンはクローゼ、
ピノラ、ヴォルシャイト、ニルソンとユットなしで望まなければならなかった。

戦術:
ニュルンベルクは4-1-4-1を形成し、チームに勢いを与えるためにディダフィがウイングからウイングへとHlousekと連携して
切り替えることを認めた。
一方、BVBは4-2-3-1のシステムを採用した。


試合分析はgoal.comに同じようなことが書いてありましたので、そこから引用します。
http://www.goal.com/jp/match/60974/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF-vs-%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%88/report


3日に行われたブンデスリーガ第20節、ニュルンベルク対ボルシア・ドルトムントの一戦は、アウェーのドルトムントが2-0の勝利を収めた。ドルトムントMF香川真司は、フル出場している。

香川は序盤からキレのある動きを見せた。開始10分には、まず守備で大仕事。ニュルンベルクのセットプレーでドルトムントは大きなピンチを迎えたが、ゴールライン上で香川がクリアに成功し、相手に先制を許さない。序盤はニュルンベルクに押し込まれたものの、ドルトムントは無失点でしのいだ。

すると、攻撃でも香川がインパクトを残す。28分、ペナルティーエリア右で鋭いターンから縦に突破すると、グラウンダーのクロスを送った。36分には、右サイドからのクロスが反対サイドに流れると、香川はグロスクロイツからの折り返しを下がりながら右足のアウトサイドで合わせた。しかし、このシュートは勢いが足りず、GKが間一髪で止める。

相手守護神の壁に阻まれ続けたドルトムントの攻撃が実ったのは、後半開始直後だった。48分、ベンダーの負傷で前半途中から出場したライトナーが、敵陣左サイドの浅い位置からグラウンダーのパスを右前方に出すと、するすると人混みを抜けたボールがペナルティーエリア右へ。ここにピシュチェクが走り込んでマイナスに折り返すと、ケールが押し込んで先制した。

63分には、香川に見せ場が到来。左サイドでドリブルを仕掛け、一人かわして決定的なパスを送る。しかし、シュートコースを変えようとしたレヴァンドフスキの位置がオフサイドだったとして、審判の笛が鳴った。

それでも、82分には試合を決定づける2点目が決まる。カウンターからチャンスをつくると、グロスクロイツのパスを受けた香川がシュート。これはGKのファインセーブに阻まれたものの、こぼれ球にバリオスが詰めていた。72分から投入されたバリオスの復活ゴールでリードを広げたドルトムントは、これで2012年に入って3連勝。暫定で首位となっている。






プロフィール

まとほん

Author:まとほん
文章がおかしいこともありますが、許してください。

相互リンク&相互RSS募集中です。
連絡は左下、メールフォームよりお願いします。

FC2ブログランキング
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コミックレンタル

オススメ商品


スポンサードリンク
海外激安Blu-ray
他サイト更新情報
QRコード
QR
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。